神社での挙式がブーム

女の人

選ぶ人が今増えている

結婚式のスタイルには様々なものがありますが、その中で最も日本らしい結婚式と聞いたら神前式と答える人が多いのではないでしょうか。海外でも日本の伝統的挙式スタイルとして紹介されたりもしますが、現在の形式で行われる神前式は明治時代になって登場しました。そんな神前式の中でも特に象徴的なのは、神社で行われる神社挙式でしょう。神前式とは神様の前で結婚を誓う結婚式ですが、その神様が鎮座されて人々が日夜祈りを捧げる神社その場所で挙式を行うのですから、神社挙式はまさに神前式の神髄を味わえる結婚式です。そんな神社挙式ですが、一時期は古臭い挙式スタイルとして敬遠されがちでした。ところが昨今再び注目を集めるようになって、神社挙式を選ぶカップルも増加傾向にあります。その理由とはなんなのでしょうか。今でも多くの方が教会式の結婚式を挙げると思いますが、最近は定番の形ではなく、個性的な式を挙げたいと考えるカップルが増えてきました。そうした人々が神社挙式に興味を持つきっかけともなっています。また、日本的なものを再評価する動きも大きな影響を与えています。一昔前と違うのは、若い人の間でも日本文化を意識する人が増えていることにあります。古臭いと敬遠されがちだった神社挙式ですが、現在では日本文化の象徴的な神社で行う挙式であるとして幅広い世代から憧憬を集めるようになりました。個性的な挙式をしたい、それでいて日本の伝統も大事にしたい、そうした考えを持つ人にとって神社挙式は格好の挙式スタイルとして選ばれるようになっているのです。