伝統的な和婚を

結婚式

長い廊下を歩く

一宮での結婚式は、非常に厳かな雰囲気になります。一宮は、神社の中でも伝統があり、格式高いところなので、そこを結婚式場に選ぶということは、伝統的な和婚にこだわるということです。結婚式は、当然神前式になり、神の前で愛を誓い合うことになります。儀礼を重んじる式なので、年配の招待客には評判がよく、印象的な式になること間違いありません。一宮を結婚式場として利用するときは、神社の長い廊下を新郎新婦が練り歩くことになります。そこからは、伝統的な日本らしい庭園が見渡せ、緑あふれる中、式が執り行われます。新郎新婦の衣装は、和装です。花嫁は、白無垢や色かけを着ることになるのですが、一宮が提携を結んでいる和服屋から衣装を借りることが多いです。一般的な結婚式場の場合、和装の用意が少ないことが多いのですが、一宮の場合には、和服屋と提携を結んでいるため、多様な和服から選ぶことができます。新郎は、はかまを選ぶことになります。新郎新婦以外のお客さんも、一宮の結婚式場の雰囲気に合うように、ドレスではなく振袖などの和装が好まれます。少なくとも親族は和装に統一することが多いです。そのほかのお客さんも、洋装の中でも地味な衣装を選ぶ傾向にあります。厳かな雰囲気に合った衣装が好まれるのです。料理も、純粋な日本料理が出され、一宮の場合、肉や魚の量が少ない傾向にあります。その代わり、野菜の切り方は祝いの季節にふさわしく、華やかな飾り切りがなされます。